安江八幡宮 金沢水天宮

ホーム>由緒・御祈願

由緒・御祈願

由   緒

 

         拝殿 狛犬

 

  御 祭 神
 安江八幡宮  誉田別尊(応神天皇)・気長足姫尊(神功皇后)
        玉依姫尊
 水 天 宮   天御中主神・安徳天皇
 配   神   天照皇大神・大国主神・蛭児神

 安江八幡宮の御祭神は、古代の日本の文化に偉大な功績のあった誉田別尊(応神天皇)と気長足姫尊(神功皇后)と玉依姫命を祀っている。また、相殿には天地創造の神である、天御中主神を始めとして、日本人の大祖先である天照大神、国土経営に大功あった大国主神を祀って、今から約1000有余年前の天慶2年(939・平安)に鎮座になったこの地の名社である。

 藩政時代には前田加賀藩主や大聖寺藩主に崇敬されて、火防や病気平癒を祈られ、また社殿の修繕および祭器具を寄進されている。神社のある此花町は以前安江鍛冶町と称して、多くの刀鍛冶のいたところである。有名な泰平・兼若もここにいた。これら刀鍛冶が水火の伝授(刀剣製作時の火と水の加減のこと)を必ず神社でおこなったことから、今でも俗に「鍛冶八幡さん」と称している。

 以前は武蔵・高岡町下藪内(名栄町・石屋小路・高岡町下藪内)にまたがる広大な境内を有していたが、慶長年間(1596~1615)に現在の地へ移転した。

 

加賀八幡起上り

起き上がりの由来

 この起き上がりは、八幡大神のお誕生の折、真紅の産着を着けられたお姿を写し、これを八幡起き上がりと名付けました。 昔、氏子の一老翁が当八幡宮に参詣して御神像を受け、日夜多幸を祈って宏大なる御神恩に浴した事を深く悦び、諸人のためこの起き上がりを発案して毎年正月に献じたのを社参の人々がこれを拝受して、厄除け・病気平癒・愛児の健康祈願・起き上がると言われるため社業繁栄・商売繁盛のお守りとしたのであります。爾来崇敬者の切なる拝受希望が年々増加して、全国より申込を頂いております。

 

安産祈願 水天宮

  

 

加賀藩13代藩主前田斉泰公筆


 

 

 

 

安産御守について

水天宮のお守りには三種類のお守りが入っています。

1(御守)
五字の文字からなっていて「いつもじ」といわれる御符が入っており、陣痛があってから一文字ずつ水にて頂くとお産が軽いと言われています。

2(鈴の緒)
麻と稲穂の茎が入っています。麻は強くて丈夫な身体で、伊の穂の茎は素直な嬰児の誕生を意味し出産までのお守りとします。なお、入っている稲穂の茎に節があれば男子、節が無ければ女子だという、昔からの言い伝えがあります。

3(御神石)
ご出産の後一つを宅地に埋めて頂き、一つを御礼のお宮参りの時に神社のお返し頂きますと、御神域のお庭に置いてお子様の健やかな成長を御守致します。

 

 

 

御祈願・ご祈祷


家内安全  商売繁盛  稼業繁栄  社業繁栄  業務安全 地鎮祭  上棟祭
竣工祭  安産祈願  初宮詣で  七五三詣  良縁祈願  交通安全  自動車祓
神前結婚式 学業進達  家移り祭  井戸埋祓 家屋解体清祓  旅行安全
水子鎮魂祭 病気平癒  水難解除 方除祈願
 

年中行事 1月~6月

  

出初式  

左義長(どんど焼き)

 

年中行事 7月~12月

秋季祭(加賀獅子舞)

 

 

ページのトップへ戻る